「マジシャン」は嫌い?好き?それぞれ思いがあるかもだけど、あながち悪くはないよね、「スープカレー」は。そう思わない?

初めからあった悲しみ

「マジシャン」は嫌い?好き?それぞれ思いがあるかもだけど、あながち悪くはないよね、「スープカレー」は。そう思わない?

ページの先頭へ戻る

薄暗い平日の明け方に友人と薄暗い平日の明け方に友人と

人間の70パーセントが水分だという発表もありますので、水分は人のベースです。
水分摂取を怠ることなく、みなさん元気で楽しい夏を過ごしたいですね。
輝く光の中から蝉の鳴き声が聞こえるこの頃、普段あまり出かけないという方でも外出したくなるかもしれません。
すると、女性だったら日焼け対策について気になる方が多いのではないでしょうか。
暑い時期のお肌の手入れは夏が過ぎた時に表れるといいますので、やっぱり気になってしまう所かもしれません。
そして、誰もが気にかけているのが水分摂取についてです。
もちろん、いつも水の飲みすぎは、良いとは言えないもののこの時期は少し例外かもしれません。
というのは、たくさん汗をかいて、知らず知らずの間に体から水分が出ていくからです。
外に出るときの本人の様態も関わるでしょう。
ひょっとして、自分が気づかないうちにわずかな脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるでしょう。
真夏の水分摂取は、次の瞬間のコンディションに表れるといっても言い過ぎにはならないかもしれません。
ちょっと出かける時も、ちっちゃいもので大丈夫なので、水筒があったらとても経済的です。
人間の70パーセントが水分だという発表もありますので、水分は人のベースです。
水分摂取を怠ることなく、みなさん元気で楽しい夏を過ごしたいですね。

じめじめした平日の夕方に椅子に座る
最近、腹のぜい肉をなんとかしないとと考え毎晩、筋トレをしている。
子供を俺のお腹にのせて一から声を出し数えながら筋トレを行っていたら、わが子とのコミュニケーションにもなるし、娘も一から数を学ぶし、自らのぜい肉もそぎ落とされるし、一石二鳥だと考えていたら、はじめのうちは、笑っていた子供もすぐにあきてしまった。

無我夢中で跳ねる兄弟と失くしたストラップ無我夢中で跳ねる兄弟と失くしたストラップ

いつも、会社やするべきことに追われていて、そんなにゆっくりできる時間がない。
少しの時間が持てても、なぜか次やるべき仕事のスケジュールなど、何かの期限が頭の隅にある。
そんなときに、大きな休みができると、とても喜ばしい。
では、この少しだけ空いた時間を何に費やそうかと。
最終的にはほとんどが、あれも、これもしたいなど希望のみが募り、全部は達成できない。
中でも私はマイペースなので、気付けば一日が経過。
時は金なり、なんてまさに明瞭だと思う。

風の無い休日の午後に食事を
仕事で必要な青竹を定期的に受け取れるようになって、願ってもないのだが、しかし、竹が邪魔でガンガン持っていってほしがっている山の持ち主は、必要以上に大きい竹を持って運ばせようとするのでやっかいだ。
大量運んで戻っても余っておいてても色が落ち捨てることになるのだが、場所をとる竹がムダでしょうがないらしく、運んで帰ってくれと強く頼みこまれる。
こちらもいるものをタダでもらっているので、強く言われたらしょうがないので、あまりは処分するしかない。

夢中でダンスする兄さんとぬるいビール夢中でダンスする兄さんとぬるいビール

深夜、眠れないときは、借りてきたDVDを起き上がって見るのが楽しみ。
昨夜選んだ映画は、「エスター」というアメリカの作品だった。
ヒロインの、エスターと言う子はしっかりしているけれどかなりクレイジーな女の子。
終わりにびっくりな結末が隠されている。
それは見ている真ん中で、結果が分かる人がいるか不思議なくらい予測不可能な事実。
それは、ビックリとするのではなく、恐ろしくゾクゾクとするような終わり方だった。
作品は、常に私の真夜中の時間を楽しませてくれる。
しかし、いつもアルコールもお供しているので、体重が上昇するのが良くない。

雨が降る水曜の夜に読書を
久々に、明日香と麻衣子と旅に行きました。
2人は、私が通っていた学生時代の友人で、同じ時間を共有した仲です。
しかも、学んでいたのが旅行関係とトイックだったので、観光地巡りが、好きな生徒たちであふれていました。
とくに、この2人を含む、仲のいい6人でさまざまな地へ旅行に行った思い出は忘れられません。
私はもともとそんなに友達が多い方でもないし、しかもそれで良いと感じています。
という事で、素直に嬉しい言葉だけど、隣で麻衣子が満足そうな雰囲気だったのもツボでした。

どんよりした火曜の午後に昔を思い出すどんよりした火曜の午後に昔を思い出す

このライカの一眼レフは、昨日、浜で拾ってしまった。
その日は、7月のちょうど半ばで、はじめで、いつもより暑く感じた。
パルコで買い物中、彼女と大喧嘩してしまい、今日は会いたくないと言われたのだ。
立ち直ろうと、実家からこの浜辺までバイクでやってきて、海沿いをゆっくり散歩していた。
で、少々砂をかぶったこの一眼に出会った。
持ち帰って、興味を持って夜のフォトを撮ってみた。
一眼レフの持ち主より、いいかんじにとれているかもしれないと思った。
恋人の笑顔撮りたいとか、意外とピント調節ってうまくいかないなー、とか感じていた。
次の休み、どうにかして会えたら、恋人に僕が悪かったと謝りたい。
そしたら、この一眼レフ、警察に届けよう。

天気の良い大安の日没に座ったままで
ずいぶん昔の学生時代、なんとなく見た映画が、ビフォアーサンライズといって、邦題は恋人までのディスタンスというものだ。
親戚のお姉さんに、「おもしろかった」とプッシュされた合作映画だ。
旅の帰りの列車の中で出会ったアメリカ人のジェシーと、フランス人のセリーヌで、少しの間オーストリアのウィーンを旅する話だ。
この作品の珍しい部分は、ここぞとばかりの問題発起だったり起承転結の点の部分とか、そんなに無いところ。
会ってすぐというこの2人が、恋や生きる事や死ぬことに関して永遠と討論する。
観賞した時中学校3年生の私は、まだまだ子どもで、退屈だと思いながら見過ごした物語だった。
だけど、昨日、たまたまDVD屋さんにて見つけ、昔見たなと思い借りて再び見たところすごく感動した。
好きなシーンは、レコード店でKATH BLOOMのCOME HEREを聞きながら、視線を投げあってしまうシーン。
2人の帰国の時、要は、別れのシーン、エンドを迎える。
その時はぴんと来なかったこの映画、間隔をあけて見ると、前回より違った見方ができるのだろう。
それから、ケイス・ブルームのカムヒアが入ったCDを、AMAZONより探し出して聞いている。

風の強い日曜の早朝に座ったままで風の強い日曜の早朝に座ったままで

見学するために散策しながら長く長く歩く動物園は、9月は非常に蒸し暑くてしんどい。
知人夫婦とお子さんと私と妻と子供ともども共に入園したが、めっちゃ日差しも暑くて厳しかった。
ものすごく暑すぎるので、ライオンも猿もどんな動物もろくに行動していないしし、遠くの日陰に潜んでいたりで、ひどく見えなかった。
次は、水族館などが天気もよく暑い日はよさそうだ。
子供が大きくなったら夜の動物園や水族館もけっこう楽しめそうだ。

陽気に体操するあいつと夕立
おじさんが先日釣りに行ったらしいが、あまり釣れなかったらしい。
コッパが大量で、フカセ釣りがやりにくかったらしい。
だけれども、しかし外道だがイノコの50cmサイズが釣れたらしいから、うらやましい。
一時前にいただいて新鮮なうちに食したがめっちゃおいしく印象に残っている。
大物でおいしい魚がいると話を聞いたら釣りに行きたくなるが、まだ我慢して今度だ。

Copyright (c) 2015 初めからあった悲しみ All rights reserved.

●メニュー